工場と倉庫と郊外と宇宙人─『散歩する侵略者』



「数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海。
夫・真治は会社を辞め、毎日散歩に出かけていく。一体何をしているのか…?
その頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井は取材中、天野という謎の若者に出会い、二人は事件の鍵を握る女子高校生・立花あきらの行方を探し始める。やがて町は静かに不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。
「地球を侵略しに来た」真治から衝撃の告白を受ける鳴海。当たり前の日常は、ある日突然終わりを告げる。」
公式サイトより

黒沢清監督の最新作.いやー面白かった.黒沢清好きなら満足するはず.ウルトラポップな『CURE』と『回路』,どこにも行けない郊外感(世界がそこで完結している)の息苦しさが『ニンゲン合格』や『トウキョウソナタ』.「最高の娯楽作品をつくりたい」と語る監督の唐突なアクション要素が『リアル』を思い出させる.全部の要素が入りながらダレることなく楽しめた.ある意味クサいラストもらしさがあってよかった.

『散歩する侵略者』というタイトルとは裏腹に一家惨殺の血だまりのシーンから始まる映画(またいい感じの住宅が!幹線道路沿いにポツンと建つ住宅の画がかっこいい).そこからポップな音楽と迫力ある画のタイトルコールで唸った.これは面白いぞ!と.

松田龍平や長澤まさみ,長谷川博己の演技の上手さは当然ながら,「侵略者」を演じた高杉真宙や恒松祐里がよかった.また,ちょい役だったけど満島真之介の存在感がよかった!

「概念」を奪うという設定の「侵略者」なのだが,その奪う前というのがひたすらその奪う概念について問いかけるというもの.これは『CURE』の間宮の「あんたは誰?」という問いかけを思い出した.当たり前だと思っていたことを改めて追求される,そのことによってその本質があぶり出される.『CURE』も本作もそんな「気づき」の映画であった.

そしてやっぱり黒沢監督と言えばカメラワークとカットのかっこよさ!本作も十二分によかった.『クリーピー』の時も改めて思ったけど,よくこんな良い感じの住宅地見つけてくるなぁ〜と.何かの廃工場に,廃れた自動車修理工場,どこか茫漠としたショッピングモールの駐車場に閑散とした夜の商店街,特に桜井が逃走中にバンを止めていた高架下(?)のような空間がかっこよかった.また,主人公たちの家も変な間取りで,あれもセットでつくったのだろうか?
登場人物たちが見ている先を明け透けに撮らないようにして,スーッと徐々にその視線の先へスライドしていくあのカメラワーク,本当に気持ち良い.

また観たい映画でした.

# by foolproof-koji | 2017-09-17 15:10 | 映画録 | Comments(0)

0914


砂丘...(泣)

# by foolproof-koji | 2017-09-14 23:18 | 普通の日記 | Comments(0)

0913

ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム

赤野 工作/KADOKAWA

undefined


お布団読書で『ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム』を読み進めている.前にも紹介したがとても面白い.ARの規格統一を図ろうとしたゲームについての回がとても興味深かった.
「おばけ」を「私たちの肉眼で通常は見えないもの」と定義するならば,ARの世界で生きる仮想的なキャラクターたちは「おばけ」と言える.
ARはまだまだ発展途上の技術である,話題となった「セカイカメラ」のサービス停止を見るなりAR世界が規格統一されることはまだまだ先だろう.当然のことだが,ARと言っても開発元や端末の問題など種々の要因から現状では「ARという現実に重ねるひとつのレイヤー」ではなく「ARと呼ばれる無数のレイヤー」という状態になっている.ということは私たちが肉眼で眼にしている世界はもしかしたらAR上では無数の世界が構築されていて全く別の世界が重ね合わされて渋滞している可能性があるということなのだ.
そして『ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム』の一編ではその中のひとつであるAR世界がいつのまにか人々に忘れ去られていて,ふとした瞬間に突如として現れる現象のことを「怪談」として捉えられているとレポートしている.
『ポケモンGO』にしろなんにしろ技術とは人間の認識のレベルを変える絶大な力を持つ.しかし,認識を変えられてしまった人間たちのほとんどは不思議なことに変えられる前のことをすっかり忘れてしまう.しかし,そんな技術が革命を起こす中で副次的に生まれた残り香が「おばけ」として現れるとはなんともユニークだなと思った.技術がどれだけ発展しようが人間世界から「神秘」が失われることはない.「神秘」は新たな意匠を纏ってまた私たちの前に現れてくる.だからこそ,私たちは前進していることを喜ぶべきだ,そんなことを考えた.

# by foolproof-koji | 2017-09-14 00:12 | 普通の日記 | Comments(0)

だらだらと─BAY CAMP 2017



e0225815_12274536.jpg
e0225815_12284735.jpg

『BAY CAMP 2017』に参加.関東圏で唯一のオールナイトフェスらしい.14〜4時までいたが,ちゃんと準備していないと後半がかなり辛いと思い知った.結構飲食物禁止だったりなんだったり禁止事項が多かったので軽めに行ったのだが...会場の広さを考えるとしょうがないのかな...前で聴いたり,いすに座りながらだらだら聴いたりと普段はあんまりしない楽しみ方をした.聴いたのは

ヤバイTシャツ屋さん→シャムキャッツ→Yogee New Waves→Czecho No Republic→SPECIAL OTHERS→フレデリック→KIMONOS→キュウソネコカミ→水曜日のカンパネラ→Wienners→神聖かまってちゃん→imai(group_inou)→POLYSICS

POLYSICS,初めて聴いたけど最高でした!けどもう少し早い時間がよかったな!さあ,次はなにを聴きに行こうかな.




# by foolproof-koji | 2017-09-11 12:34 | 普通の日記 | Comments(0)

日常とはなんだろうか─『きつねのつき』

きつねのつき

北野 勇作/河出書房新社

undefined


ふと書店で目について買ってみた.
北野さんの作品は『かめくん』に続いて2作目だ.

かめくん (河出文庫)

北野 勇作/河出書房新社

undefined


『かめくん』はSFマガジンで「ディストピア小説」として紹介されていて気になって読んだ.カメ型ヒューマノイドのかめくんのおだやかな日常が描かれているが,その裏には戦争など不穏な匂いも感じられる不思議な小説だった.




人に化けた者たちが徘徊する町で、天井に貼りつく妻と、娘の春子と3人で静かに暮らす。それが正しいことかはわからない。私がそう決めたのだ……。切ない感動に満ちた再生の物語。

本作でも同じく具体的なエピソードや目を見張るような展開は見られない.1冊を通して「私」と言葉を覚えたばかりの娘「春子」の触れ合いが描かれる.大人にとってはある種理解不能である「子ども」との触れ合い,驚き,疑問,喜びがとてつもないリアリティで綴られている.そこに時折ふっと現れる非日常の影.「私」がなにを経験したのか・経験しているのか,世界になにが起こっているのか,そうしたことを日常のディテールを描くことで暗に表現している.しかし,日常とはなんだろうか.「私」が見ているものと「春子」が見ているものは全く違うかもしれないし,「私」が見ているものと「外からやってきた者」たちが見ているものも全く違うかもしれない.そうした当たり前すぎることを考えさせてくれるような小説に感じた.


# by foolproof-koji | 2017-09-06 17:53 | 読書録(その他) | Comments(0)


雑記


by hukukozy

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
読書録(その他)
読書録(漫画)
読書メモ
映画録
備忘録的
普通の日記
建築勉強会
なにかと建築
読書録(建築)
卒業制作
落書き
気になったもの
なんとなくの写真
Unity
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

フォロー中のブログ

今日マチ子のセンネン画報
超音速備忘録
Another posi...
Living Well ...
deline

検索

外部リンク

記事ランキング