0913

ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム

赤野 工作/KADOKAWA

undefined


お布団読書で『ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム』を読み進めている.前にも紹介したがとても面白い.ARの規格統一を図ろうとしたゲームについての回がとても興味深かった.
「おばけ」を「私たちの肉眼で通常は見えないもの」と定義するならば,ARの世界で生きる仮想的なキャラクターたちは「おばけ」と言える.
ARはまだまだ発展途上の技術である,話題となった「セカイカメラ」のサービス停止を見るなりAR世界が規格統一されることはまだまだ先だろう.当然のことだが,ARと言っても開発元や端末の問題など種々の要因から現状では「ARという現実に重ねるひとつのレイヤー」ではなく「ARと呼ばれる無数のレイヤー」という状態になっている.ということは私たちが肉眼で眼にしている世界はもしかしたらAR上では無数の世界が構築されていて全く別の世界が重ね合わされて渋滞している可能性があるということなのだ.
そして『ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム』の一編ではその中のひとつであるAR世界がいつのまにか人々に忘れ去られていて,ふとした瞬間に突如として現れる現象のことを「怪談」として捉えられているとレポートしている.
『ポケモンGO』にしろなんにしろ技術とは人間の認識のレベルを変える絶大な力を持つ.しかし,認識を変えられてしまった人間たちのほとんどは不思議なことに変えられる前のことをすっかり忘れてしまう.しかし,そんな技術が革命を起こす中で副次的に生まれた残り香が「おばけ」として現れるとはなんともユニークだなと思った.技術がどれだけ発展しようが人間世界から「神秘」が失われることはない.「神秘」は新たな意匠を纏ってまた私たちの前に現れてくる.だからこそ,私たちは前進していることを喜ぶべきだ,そんなことを考えた.

by foolproof-koji | 2017-09-14 00:12 | 普通の日記 | Comments(0)


雑記


by hukukozy

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
読書録(その他)
読書録(漫画)
読書メモ
映画録
備忘録的
普通の日記
建築勉強会
なにかと建築
読書録(建築)
卒業制作
落書き
気になったもの
なんとなくの写真
Unity
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月

フォロー中のブログ

今日マチ子のセンネン画報
超音速備忘録
Another posi...
Living Well ...
deline

検索

外部リンク

記事ランキング